てんちょ。メモ

No.3707 「ハンター×ハンター☆」
(133KB)

 皆様こんばんは〜!!
続けてコミックネタすみません。
こちらも一日千秋の思いで待ってました
「ハンター×ハンター」
最新第34巻☆
 
 ゴン・フリークスってキャラが
当漫画の主人公なのですが、
 
・・・今巻
まったく1ページも登場しません。
(念能力が今現在使えないですしね^^)
 
 ある意味ゴンの敵とも味方ともとれる?ヒソカと
幻影旅団の団長クロロとの真剣勝負がメインとなってます。
ヒソカは元々自分の能力を隠してませんし
今回クロロもしっかりとヒソカに自分の能力を説明した上での
「デスマッチ」が展開されます。
 冨樫先生の設定の緻密さがすごいですが
読んでますこちらも闘いの裏の裏?まで考え込んでしまい
読破に体力を要します。
 
 珍しく今巻には
最終ページ辺りに冨樫先生のコメントが記載されてます。
実は主人公の敵同士が戦う話がお好きということで
「ドカベン」の「土佐丸高校 対 弁慶高校」の例を挙げておられまして、
なるほどそのシチュエーションって燃えますわなと感じ入っておりました。
 
 休載・再連載が
ネットでニュースになるくらいの人気作品で次巻が楽しみなのですが
また次のコミックスが出るのは1年後なのかなあって思います。
ファンは待ちますけれどもね。
 
 
 さてさて
明日の水曜日はファイナルラップは
定休日を頂戴いたします。
どうぞよろしくお願いをいたします。
 
17/07/18 20:43
No.3706 「新刊ですよ☆」
(142KB)

 皆様こんばんは〜!!
本日の画像はお待ちかねの
「蒼き鋼のアルペジオ」第14巻☆
 
 霧の艦隊コンゴウとの戦いの末
行方不明(?)となった
我らが主人公「千早群像」ですが
コミックの表紙折込部分の
「総旗艦ヤマト」へ向けての
定時連絡文言中で
なんとコンゴウ自身によって管理下におかれ
存命していることが明らかになり
ファンとしましてはほっとするところです。
 
 本編では
イ402のメンタルモデル(←当然ですがイオナそっくり)と
元代議士の肩書きを持つ北良寛の会合が行なわれまして
「霧の艦隊」についていろいろと明らかになってまいります。
 
 人類にしてみれば武力で海上封鎖された明らかな「敵」のはずなのですが
「霧」にしてみるとただ「命令」に従っただけで
そもそも「敵」という概念ですら
(メンタルモデルの出現によって)
最近手に入れたものだそうで・・・^^
 
 日常と非日常が上手く絡み合うのが
「アルペジオ」の面白いところですが
海洋技術総合学院にて
20数年ぶりに「文化祭」が執り行われることが決定。
さっそくメンタルモデルとして学園内に潜入してますタカオとハルナ・キリシマが校内で激突しそうで
(重巡 VS 戦艦2隻ですしね)
今後の展開がまた楽しみです。
17/07/17 20:55
No.3705 「アスタロトリナシメント☆」
(114KB)

 皆様こんばんは〜!!
本日の画像は
「鉄血のオルフェンズ」の
外伝由来の機体であります
「ガンダムアスタロトリナシメント」☆
 
 あともう少しで
オリジナルの姿を取り戻すというところで
フレームごと強奪されて行方不明となり
その半年後に木星圏の闇市場で発見されるも
またまた左右非対称のいびつな姿となったのが
このアスタロトリナシメント。
 普通のガンダムであれば軍が管理しているはずで
そうそう「強奪」って起こらないはずですが
(・・・けっこう強奪されてます?^^)
こういったストーリー展開を許容する懐の深さが「オルフェンズ」ですよね。
フレームさえあれば
使える外装はどんどん使っていくというのは
模型的にも面白い発想です。
本編は一応区切りが付きましたが
外伝でまた面白い展開があると良いなって思います。
17/07/16 20:02
No.3704 「マイティマウス号☆」
(157KB)

 皆様こんばんは〜!!
本日の画像は
バンダイさんの
メカコレドラゴンボールシリーズ新製品
「ヤムチャのマイティマウス号」☆
 
 ヤムチャがパンツァーファースト持ってたり
スコップやジェリカンが装備してあったりで
やはりこの頃のドラゴンボールは面白いですね。
(ハンドル持っているのはプーアルだったりします)
 
 メカコレということで
箱内のヤムチャ&プーアルの小ささにまたまた驚きますが
頑張って塗装される方も多々おられるのでしょうね〜。
・・・オジサンの目にはかなりキツイような気が^^
皆様どうぞよろしくお願いをいたします。
 
17/07/15 20:09
No.3703 「島風☆」
(157KB)

 皆様こんばんは〜!!
本日の画像は
タミヤさんの新金型新製品
1/700シリーズ「島風」☆
 
 もはや旧版となりました島風は
大袈裟ではなく数十年頑張っていただいた名キットでした。
バリエーションが存在しない島風は
新規キットは出ないだろうって思われてましたが
昨今の「艦これ」ブームによって
一時(旧版)島風が市場から消える(!)という事件もありまして
今回の新規キットリリースにもそういった背景があったのだろうなあと思います。
速吸や大鯨なんかもそうですが
まさに「艦これ」様々でありますね。
 
 箱を開けてみますと
そこはいきなりタミヤワールド^^。
超絶緻密精密なパーツ群が出迎えてくれます。
1/700スケールの駆逐艦ですから細かいパーツも多いのですが
ファインモールドさんのナノ・ドレッドばりの精度のパーツに改めて驚かされます。
お待ちになってました方はぜひともファーストロットを〜^^。
17/07/14 20:06
original : © let'sPHP!
modefy : © tm-room